読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森と里のつながるマルシェ

土に根ざした暮らしを見つめ直すオーガニックマルシェです(開催場所:栃木県茂木町)

森と里のつながる未来。

みなさん、こんばんは!
明日は素敵な一日になりそうですね…!
美味しいお野菜に、素敵なお食事屋さん、雑貨屋さんなど、貴方の心を揺れ動かす人々ばかりだと思います!

お店の品物の「想い」にも是非、触れてみてくださいね。
きっとその交流はきっと大切な物になると思います。

皆様のお越しをお待ちしております!


さて、マルシェ終了後に、「森と里のつながる未来。」と題してトークイベントを行います。

マルシェのタイトルでもある、森と里のつながる…これをキーワードとした催しとなっています。
是非、こちらにもご参加くださいませ!


〜スピンオフ企画~
 森と里のつながるマルシェ & はじまりのローカル コンパス

里山が広がる茂木町の晩秋の夜。
里山のどまんなかにある公民館で、
里山の未来を描く時間が流れます。

里山(森)と都市(里)でそれぞれ農や食、林など共通のテーマで活動している方々が、それぞれの取り組みを伝えながら、これからの森と里のより良い関係を考えるトークセッションと交流会を行います。

参加者やゲストが有機的につながり、これからの里山や食・農のあり方を考えるのんびりとゆるーい機会です。

◎キーワードは、
里山」「マルシェ」「都市と農村」「農業」「食」 
どれか一つでもピンと来る方のご参加をお待ちしています!

【ゲスト】
<都市(里)側>
甲斐良治さん 
一般社団法人農山漁村文化協会農文協)元編集次長
『季刊地域』元編集長
1955年、宮崎県生まれ。1999年、『定年帰農』『田園住宅』『田園就職』『帰農時代』の「増刊現代農業帰農4部作」で農業ジャーナリスト賞受賞。その後も人々の新しい農的生き方を追究するとともに、「地元学」による各地の地域づくりの現場に出没する。NPO法人地球緑化センター理事、NPO法人中山間地域フォーラム理事、明治大学農学部客員教授
→「季刊地域」コラム
http://kikanchiiki.net/kairyoji/

◎松浦伸也さん
すみだ青空市ヤッチャバ 事務局長
1984年埼玉県生まれ。東京農業大学在学中に福島県・鮫川村で里山保全ボランティアに取り組む。卒業後、地球緑化センターの「緑のふるさと協力隊」に参加し、福井県池田町へ。活動後、同大学院へ進学。修了後は鮫川村で直売所職員として働く。現在「すみだ青空市ヤッチャバ」を開催するなど幅広く活動中。
→「ソトコト」記事
http://www.sotokoto.net/jp/interview/?id=124

里山(森)側>
◎もてぎ里山らいふプロジェクト
引き継がれずに荒廃してしまった棚田を、そこに関わってきた人々の想いを繋ぎながら、たくさんの方と一緒に「里山のプラットホーム」として再生させ、みんなが楽しく集える場をつくっています。
https://www.facebook.com/motesatop/

◎「森と里のつながるマルシェ」実行委員会
森と農と人が繋がり、心も体も喜ぶ食や文化をみんなで守り分かち合いながら、周囲の人々や次世代に繋いでいく明るく楽しい交流の場。この豊かな里山に寄り添う営みを「森と里のつながるマルシェ」を通して発信しています。
http://morimaru2014.hatenablog.com/

定 員:20名程度
会 場:茂木町後郷公民館(芳賀郡茂木町後郷1048付近)
※大瀬のやな(芳賀郡茂木町大瀬17)からご案内車出します 18:30集合・発!

参加費:無料

18:45~ 開場
19:00~ はじまり キースピーチ
        甲斐氏、松浦氏、森里マルシェ代表。
19:55~ トークセッション
        「これからの森と里のより良い関係」
20:30~ 終了

皆様のご参加をお待ちしております!

f:id:morimaru2014:20151121164028j:plain