読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森と里のつながるマルシェ

土に根ざした暮らしを見つめ直すオーガニックマルシェです(開催場所:栃木県茂木町)

有機農業の現状

中野有機無農薬研究所です。先日ですがここ茂木町で
中野式除草機を使って稲作をする方が昨年に続き数名増えました。
茂木町での増えていくペースは素晴らしいものがあります。
依頼主の一人Aさんは有機無農薬の米作り3年目。
年々、草に埋もれて近所の人からも「なんだこりゃ?
はやく除草剤振れ」とシーズンになると毎日のように言われて
いるそうです。毎日のように近所から言われるのも
最近しんどくなってきたと笑い話をしたのですが。
たぶんこれは有機農業を目指す者は誰しも経験する事だと思います。
私も実際そうでした。有機無農薬=草ぼうぼう
しかしそこで止まってはいけないと思うんです。
除草剤をふれと言っている人に、「おおーそれだったら
俺もやってみるか」と言われるくらいにならないと。

・有機農産物の国内総生産に占める割合0・18%
・農業者意識調査「条件が整えば有機農業に取り組みたい」
 が50%おり、環境に配慮した有機農業に関心は高い。
 (農林水産省調査)

近い将来、ここ茂木町が有機農業の一大拠点となるでしょう。
f:id:morimaru2014:20150329125441j:plain
Hideki Nakano | Facebook